草莓恒久远,一颗永流传~


我一直不懂蓬莱人形,也不知道正直者、胆怯者和美丽者。

但我却喜欢上了这种隐隐让人毛骨悚然的美丽。

屠是一张“恐怖”向的专辑,但对我这种畏惧着恐怖的人来说,却倾向于了一个黑暗的童话故事——再黑也不过是童话,而所谓的恐怖,会被引人入胜的故事所掩盖。

你说BK的背面?你说尸十六八?

我听不懂,我只是听歌。


もう、そこには誰もいはしない。/已经,没有谁还能留在那里。 

だから、/因此, 

もう、そこには君もいやしない。/你也,已应从那里离去。 

そこに只、在るのは。/那里所剩的,唯有, 

二度と生を刻むことの無い骸-。/不再镌刻一丝生气的亡骸。 

 

首と殻とは離れ離れ。/头颅与躯壳分崩离析。 

幸福(まぼろし)に沈む、傍ら、磔に。/于幸福(幻梦)之中沉寂,在其身旁,是磔刑。 

そして、仆といえば、/然后,说到我, 

二度と地を踏むことさえない屍-。(からだ)―。/也只是一具再也无法踏于土地之上的尸体(身躯)―。 

 

足を踏み入れた蓬莱の地に、/我们所踏入的是蓬莱之地, 

僕らの楽園を夢見たのに/但那乐园才是原本的梦中之景。 

 

ああ僕らは/啊啊,我们呐, 

何も知らなかったんだ/竟一无所知 

何もかもが嘘つきのこんな幻想郷(世界)があることも/就连这幻想乡(世界)中的一切皆是谎言这件事情。 

ああ何を/啊啊,难道说, 

違えてしまったのか/是哪里弄错了吗? 

僕らはきっと仲良く生きていける筈だったのに/我们本应能成为朋友,一同存活下去。 

―せめて君がいさえすれば…/—至少你能够幸存… 

そんな思いが胸を掠めては、消えた。/这样的想法从心中掠过,随即消失。 

 

こんな恐ろしいところには、/这令人恐惧的地方, 

もはや、/已是, 

一刻たりとてもいられない。/哪怕一刻,也不愿逗留。 

そうしてその足を。/因此,那些踏足者们, 

自ら死地に追いやる愚か者-。/乃是自寻死路的愚昧之人―。 

 

もっとも安全な方法(生き方)とは。/最为安全的方法(生存之道), 

常に自分の手に握り置くもので。/在于自始至终紧握在自己手中的事物。 

けして理解のできぬ、/对注定无法理解的世界, 

世界に触れてなどしてはならない。/绝对不要碰触。 

なんて悪趣味な人形戯曲(游び)。/何等充满恶趣味的人偶戏曲(游戏) 

誰も人間(まとも)ではいられなかったか/无论是谁,都已不能再视作人类之身(正常之人)。 

ああ彼らは/啊啊,他们呐, 

かくも愚かだったのだ/是多么地愚蠢啊。 

暗闇の向こう側で謎のピエロが嗤っている/于漆黑的彼侧,神秘的小丑正嘲笑着。 

ああボクこそ/啊啊,「我」才是 

最後の勝者なのだ/最后的胜利者 

愚か者共の末路をその正義の証として/以愚昧之徒共通的末路,作为那份正义之明证。 

そして誰もいなくなる前に/然后在所有人都消失之前, 

これは心の最奥に刻み込む、墓标。/于心灵的最深处,刻下墓碑。 

 

疑いもせず 手に取る報い/不带一丝疑虑,便以己手接过报应。 

好奇心こそ最大の敵よ/好奇心才是最大之敌。 

そう、刻まれるべきだ一人一人/没错,他们必将被刻于其上,一个接一个。 

 

一人夜歩き 忍び寄る影は/可是因为年幼无知?孤身夜行之时, 

幼さゆえ気づけずにいたか/却对悄悄接近的暗影,未作留意。 

そう、刻まれるべきだ一人一人/没错,他们必将被刻于其上,一个接一个。 

 

足掻くことさえ 試せぬほどに/连挣扎,都不愿尝试, 

聡さとは愚かさと同義か/聪明与愚笨可是同义? 

そう、刻まれるべきだ一人一人/没错,他们必将被刻于其上,一个接一个。 

 

恋の苦さと 命の甘さ/爱情的苦涩,与生命之甘甜, 

大人の味は油断大敵/大人的味觉千万不能麻痹大意。 

そう、刻まれるべきだ一人一人/没错,他们必将被刻于其上,一个接一个。 

 

一夜限りの 丑の刻参り/仅此一夜的,丑时之怨咒, 

警戒など意味のない世界/在这世上,再怎么戒备也没有意义。 

そう、刻まれるべきだ一人一人/没错,他们必将被刻于其上,一个接一个。 

 

最期にしては 粗食にすぎたか/吃了太多粗劣的食物,这就是你的最期? 

早起きにして六文の得/早起还真是好过头了的美德。 

そう、刻まれるべきだ一人一人/没错,他们必将被刻于其上,一个接一个。 

 

正直者が 馬鹿を見るのだ/正直者不会落得好下场。 

臆病者に進む道なし/但懦夫也不会有出路。 

そう、刻まれるべきだ一人一人/没错,他们必将被刻于其上,一个接一个。 

 

ああ何を/啊啊,难道说, 

违えてしまったのか/是哪里弄错了吗? 

僕らはきっと仲良く生きていける筈だったのに/我们本应能成为朋友,一同存活下去。 

 

ああせめて/啊啊,至少, 

君がいてくれたなら/你能幸存的话, 

最後の正直者を信じられたかも知れないな/说不定就能成为世人所信的最后的正直者。 

 

などと馬鹿めが!/何等地愚蠢啊! 

世迷いごとに沈め!/不要再说这些没有意义的话! 

正直者が馬鹿を見るそんな世界の理なら/正直者不得善终才是这世间之理。 

 

ああ!ボクこそ/啊啊!「我」才是, 

最后の胜者なのだ!/最后的胜利者。 

その真実を噛み締めて今楽園を後にして/如今玩味着那份真实,连乐园都抛之其后。 

 

墓标に刻んだ数だけ/墓碑上所刻唯有数目。 

胸に込み上げる胜利の余韵に嗤う。/嗤笑着,对从胸口涌出的胜利之余韵。 

 

评论
热度(2)

© 照喵家的团子 | Powered by LOFTER